築城当時の姿残す甲府城跡、石垣に「ねこ」…文字や記号の落書き11か所

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県甲府市丸の内の国指定史跡「甲府城跡」で、石垣に落書きが見つかった。県は文化庁に届け出るとともに、甲府署に相談し、再発防止策をとる。

落書きが見つかった石垣(16日、甲府市の甲府城跡で)
落書きが見つかった石垣(16日、甲府市の甲府城跡で)

 落書きが見つかったのは天守台周辺で、石垣の11か所に細い線で「ねこ」などの文字や記号が書かれていた。県職員による点検で見つかった。県文化振興・文化財課の野代恵子主査は「安易な気持ちで書いたのかもしれないが、大事な史跡。落書きはやめてほしい」と話した。

 甲府城は1600年頃の完成とされ、2019年に国史跡に指定された。ほぼ自然のままの石を積み上げた石垣は、築城当時の姿を残しているという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1991754 0 社会 2021/04/17 12:59:00 2021/04/17 12:59:00 2021/04/17 12:59:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210417-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)