読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「本当のことが言えなくて」紛失文書を自ら回収、「探して」と新聞受けに入れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 搬送患者の個人情報が記載された文書を一時紛失したことを巡り、虚偽の報告をしたとして、大津市消防局は16日、係長級の男性職員(43)を戒告の懲戒処分にした。個人情報の流出はなかったという。

 発表によると、職員は中消防署の救急隊に勤務していた昨年7月、搬送患者8人の氏名や病状が記された「救急出動報告書」と「救急活動記録」計16枚を出張所のある市立大津市民病院内に置き忘れた。

 報告をとりまとめる担当者が11月、書類がないのに気づき、同消防署を挙げて捜索。その際、職員は置き忘れに気付いて自ら回収したが、上司に事実を告げず「出張所の新聞受けを探して」と伝え、直後に自分で書類を新聞受けに入れた。「本当のことが言えなかった」と話しているという。

 消防局はその後、報告にタブレット端末を導入し、書類の持ち出しをなくした。安井達治消防局長は「不適切な行動で公務の信頼を損なった」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
1993663 0 社会 2021/04/18 15:03:00 2021/04/18 15:03:00 2021/04/18 15:03:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)