読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

取り締まり中のパトカー、交通切符入りカバン置き忘れて発進…一部紛失

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山口県警察本部
山口県警察本部

 山口県警高速隊の50歳代男性が3月、交通取り締まりの際に交通反則切符などが入ったかばんを置き忘れ、切符の一部を紛失していたことが分かった。切符は未使用のもので、悪用される可能性は低いという。

 同隊によると、男性は3月27日午後7時半頃、周南市徳山の山陽自動車道上り線で取り締まり中、切符などが入ったかばんを車外に置いたまま、パトカーを発進させた。約30分後に気付き、取り締まり現場の近くでかばんを見つけたが、中身の一部が路上に出ていた。回収や安全確保などのため、同線の一部で約3時間にわたって時速50キロの速度制限が行われた。

 同隊は男性に注意したうえで、「再発防止に努める」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
1993343 0 社会 2021/04/18 09:50:00 2021/04/18 10:14:12 2021/04/18 10:14:12 山口県警察本部。山口県山口市で。2020年11月26日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210418-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)