読売新聞オンライン

メニュー

女性宅に女「トイレ貸して」、玄関を開けたら…隠れていた男が押し入り金庫奪う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県鎌倉市で1月、高齢者宅にトイレの借用を装った男女が押し入り、金庫などを奪って逃走した事件で、神奈川県警捜査1課などは17日、北九州市小倉北区東篠崎、自称アルバイトの男(21)を強盗と住居侵入の疑いで逮捕した。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 県警は3月上旬、男の共犯として、いずれも群馬県渋川市中村、無職の女(23)、無職の男(21)の両被告(ともに住居侵入、強盗罪で起訴)を逮捕していた。渋川市の男が狙う住宅や手口を指示し、北九州市の男と渋川市の女が実行役になったとみている。

 発表では、3人は共謀して1月19日午後4時頃、鎌倉市の70歳代女性宅に「トイレを貸してください」などと言って押し入り、女性の口をタオルでふさぎ、両手首を荷造りひもで縛るなどして、金庫など計13点(時価計約5250円相当)を奪った疑い。女性にけがはなかった。

 捜査1課幹部によると、女がトイレを借りるふりをしてインターホンを押し、女性が玄関を開けると、近くに隠れていた男も室内に侵入したという。調べに対し、実行役の男と女は容疑を認め、指示役の男は「仕事は紹介したが、事件は知らない」と供述しているという。

無断転載・複製を禁じます
1993224 0 社会 2021/04/18 06:34:00 2021/04/18 09:51:27 2021/04/18 09:51:27 神奈川県警察本部。横浜市中区で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210418-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)