読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

互いにマスクしていたのに…勾留中の男感染、取り調べ捜査員の感染判明で検査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県警は17日、逮捕後に福岡県筑後地区の警察署に勾留されていた40歳代の男が新型コロナウイルスに感染したと発表した。取り調べを担当した捜査員の感染が判明し、PCR検査を受けていた。

福岡県警察本部
福岡県警察本部

 身柄は県警本部の留置施設に移した。勾留中の容疑者の感染確認は県内で初めて。取り調べ中は互いにマスクをしていたという。無症状のため勾留は続ける。検察など他機関には容疑者が検査を受ける段階で伝えたという。

無断転載・複製を禁じます
1993432 0 社会 2021/04/18 10:58:00 2021/04/18 11:06:04 2021/04/18 11:06:04 福岡県警察本部 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210418-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)