読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

期日前投票した女性、昨年選挙の入場券で再度投票…特定できず「有効」に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県串本町選挙管理委員会は18日、すでに期日前投票を済ませていた町内の80歳代女性に対して再度、投票用紙を交付するミスがあり、この女性の分が二重投票になったと発表した。

 発表によると、女性は18日午前11時過ぎ、同町内の投票所を訪れ、昨年8月に行われた同町議補選の入場券を提示。職員は入場券や選挙人名簿を入念に確認せず、町長選と町議選の投票用紙2枚を交付した。

 投票後、別の職員が名簿を確認。女性が14日に期日前投票を済ませており、入場券は補選のものだったことに気付いた。女性が投票した用紙は特定できないため、いずれも有効になる。

 町選管は「投票の公平性を損ない、おわびする。今後は、入場券が一目で識別できるよう改善する」としている。

無断転載・複製を禁じます
1994683 0 社会 2021/04/19 08:03:00 2021/04/19 08:03:00 2021/04/19 08:03:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)