読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

全日空便パイロット、上空で一時意識失う…シベリアの空港に緊急着陸

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 19日午前9時15分頃、モスクワ北東約1800キロ地点の上空(高度約1万2500メートル)で、パリから羽田に向かっていた全日本空輸の貨物便(ボーイング787―8型)に乗務中のパイロットが一時意識を失った。

国土交通省
国土交通省

 貨物便はロシア・ノボシビルスクの空港に着陸。乗員計8人にけがはなかった。国土交通省は、事故につながりかねない重大インシデントに認定した。

 国交省や全日空によると、このパイロットは当時、副操縦士席で乗務。隣に座っていた機長が意識を失ったことに気が付いた。間もなく意識が戻って客室で待機し、別のパイロットが代わりに乗務についた。貨物便は20日に羽田に戻る予定。

無断転載・複製を禁じます
1996715 0 社会 2021/04/20 07:04:00 2021/04/20 17:55:47 2021/04/20 17:55:47 国土交通省、観光庁、海上保安庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月1日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210420-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)