読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

豚の殺処分中、獣医師の注射針が県職員に刺さる…救急搬送され作業中止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県那須塩原市の2か所の養豚場で17日に確認された家畜伝染病「CSF(豚熱=豚コレラ)」での豚の殺処分をめぐり、作業中の男性県職員の太ももに、豚を殺すための薬剤が入った注射針が刺さり、救急搬送される事故が発生した。県が19日、明らかにした。職員は現在入院治療中だが、命に別条はないという。

 県によると、事故は18日午後8時50分頃に発生。獣医師が子豚に薬剤による殺処分を行っていた際、職員が抑えていた子豚が暴れ、一度子豚に刺さった注射針が職員の左足の太ももに刺さった。薬剤が体内に入ったかは不明という。

 事故を受け、県は薬剤による殺処分を中止した。今後は電気とガスのみで作業を進めるという。

無断転載・複製を禁じます
1996807 0 社会 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)