読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

特別警戒期間中、市消防長ら12人が歓送迎会…客席に仕切り無い店貸し切り飲食

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大で愛媛県独自の警戒レベルが「特別警戒期間」中の3月30日、新居浜市消防本部予防課の職員ら12人が、市内の飲食店で歓送迎会を催していたことが、19日までに分かった。会合には、4月から市消防トップの消防長に就任した高橋裕二・総括次長兼予防課長(当時)ら幹部2人も出席。市の消防職員は、医療従事者と同様にコロナワクチンの優先接種の対象で、高橋消防長は「慎重な判断を欠いた私のミス。反省している」と陳謝した。

 高橋消防長によると、歓送迎会は3月30日午後6時から同8時まで店を貸し切り、おまかせ料理とアルコールが出たという。客席に仕切りはなく、店の玄関は開け放っていた。

 市人事課では、3月29日に「5人以上となる場合は、感染対策に十分に気をつけること」という注意を出しているが、「課所室単位での会食は、人数を制限しない」とする項目もあり、高橋消防長は、「問題がない」と判断したという。

 同市の消防職員で接種を希望する120人が3月に1回目のコロナワクチン接種を受けており、歓送迎会の出席者も全員接種済みだったという。

無断転載・複製を禁じます
1996838 0 社会 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)