読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

時速270キロと230キロ、暴走バイク2台が接触して転倒「快感得たかった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2台の大型バイクで時速250キロ前後で暴走し、接触事故を起こして互いに重傷を負わせたとして、大阪府警住之江署は20日、同府東大阪市の会社員の男(22)と工員の男(21)を自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致傷)容疑で書類送検した。

大阪府警本部
大阪府警本部

 署によると、2人は知人で、昨年5月23日夜、大阪市住之江区の大阪港咲洲トンネル内で、それぞれ時速約270キロと約230キロで暴走して接触事故を起こし、互いに腕や足の骨を折る重傷を負わせた疑い。

 現場の制限速度は時速50キロだった。会社員は「スピードを出して快感を得たかった」と容疑を認め、工員は「トイレに行きたくてスピードを出した」と供述しているという。

無断転載・複製を禁じます
1997683 0 社会 2021/04/20 13:49:00 2021/04/28 19:02:33 2021/04/28 19:02:33 大阪府警本部。大阪市中央区で。2020年11月7日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210420-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)