読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】JAXA・三菱・日立…一斉にサイバー攻撃…中国軍が防衛・航空情報狙う?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大規模サイバー攻撃に悪用されたサーバーを偽名で契約していたとして、警視庁公安部は20日、中国在住で30歳代の中国共産党員の男を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で東京地検に書類送検した。宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)や防衛・航空関連企業など約200団体が攻撃を受けていた。公安部は、中国軍が日本の機密情報を狙ったとみている。

中国共産党員の男を書類送検

 発表によると、男は中国国営の情報通信関連企業に勤務するシステムエンジニアで、2016年9月~17年4月に計5回、インターネットサイトに偽の名前や住所などを登録し、日本国内にあるレンタルサーバーを契約した疑い。

 捜査関係者によると、16年6月~17年に、JAXAのほか、三菱電機、日立製作所、IHIなどの民間企業や慶応大、一橋大などが一斉にサイバー攻撃を受けた。防衛・航空関連の技術情報や、最先端の研究成果などが狙われた可能性がある。情報流出などの被害は確認されていない。

 公安部は、JAXAへの攻撃を捜査する中で、男の関与を把握。来日した際に任意で事情を聞いたところ、容疑を認め、「小遣い稼ぎのためにサーバーのIDやパスワードをネットで売った」と供述した。

 男からIDなどを購入していたのが、中国のハッカー集団「Tickティック」だった。日本企業に攻撃を仕掛ける際、日本のサーバーを使うことで、システムによる不正検知を免れようとしたとみられる。

 攻撃を受けた約200団体は、いずれも共通のセキュリティーソフトを導入していた。ソフトの脆弱ぜいじゃく性が狙われており、公安部はウイルスの種類や通信先などから、Tickによる攻撃と判断した。

残り:611文字/全文:1322文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1999078 0 社会 2021/04/21 05:00:00 2021/04/21 07:56:00 2021/04/21 07:56:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210420-OYT1I50120-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)