読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

救急搬送「7時間待ち」「10か所以上から断られる」例も…大阪の感染者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府は20日の対策本部会議で、大阪市内で119番で入院を要請したコロナ患者の7割が搬送先が決まるまで1時間以上待たされ、7時間以上のケースもあったことを明らかにした。

大阪市役所
大阪市役所

 府によると16~18日にコロナ患者が119番を要請したのは38件。うち26件が入院先が決まるまで60分以上救急車内で待機し、最大滞在時間は443分(7時間23分)だった。

 これを受けて府は、搬送を待つ患者を一時的に待機させる「入院患者待機ステーション(仮称)」を大阪市内に設置。救急隊員が酸素投与などの応急措置を行える場所を確保する。

 また宿泊施設での療養者の体調急変に備え、ホテルなどでも酸素投与ができる体制を設ける。全11施設に21日から専用機器を配備した部屋1室を設け、将来的に各3室まで増やす。

 入院先を調整する府の「入院フォローアップセンター」によると、特に医療機関の人手が手薄な夜間や土日、祝日は搬送先が決まりにくく、1人の搬送先が決まるまで10か所以上の医療機関に断られるケースも発生している。

無断転載・複製を禁じます
1999298 0 社会 2021/04/21 06:35:00 2021/04/21 10:17:46 2021/04/21 10:17:46 大阪市役所。大阪市北区で。2020年11月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210421-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)