読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「池袋暴走」影響続く、免許返納6万人超…遺族「妻娘いない現実と毎日直面」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年1年間に都内で運転免許証を自主返納したドライバーは6万2626人に上り、過去2番目に多かったことが警視庁のまとめでわかった。93%を65歳以上が占めており、警視庁は、池袋暴走事故の後、高齢ドライバーに返納の動きが広がったとみている。

 事故は2019年4月19日、豊島区東池袋の都道で発生。旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)(自動車運転死傷行為処罰法違反で公判中)の車が暴走し、母子2人が死亡、通行人ら9人が重軽傷を負った。直後から免許を返納する人が相次ぎ、同年末までに過去最多の6万6288人に上った。

 昨年も返納の動きは続き、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された4、5月こそ3000人台だったが、ほかの月は約4500~約7000人に上った。

 年代別では、70~74歳が2万8164人(44・9%)と最も多く、75~79歳が1万746人(17・1%)、65~69歳が8289人(13・2%)などとなった。

 警視庁は「運転に少しでも不安がある人は警察署に相談し、返納を検討してほしい」と呼びかけている。

事故から2年 遺族が慰霊

慰霊碑の前で手を合わせる松永さん(19日、豊島区で)
慰霊碑の前で手を合わせる松永さん(19日、豊島区で)

 池袋暴走事故は19日で発生から2年となり、妻の真菜さん(当時31歳)と娘の莉子りこちゃん(同3歳)を亡くした松永拓也さん(34)が、現場近くの慰霊碑に手を合わせた。その後、報道陣の取材に応じ、「毎日、2人がいない現実と直面している」と心境を語った。

 事故被害者遺族らの団体で、交通安全を訴える活動に参加しており、「自分が苦しければ苦しいほど、悲しければ悲しいほど、他の人に味わわせてはいけないという思いが強まっている」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2000609 0 社会 2021/04/21 14:53:00 2021/04/21 14:53:00 2021/04/21 14:53:00 慰霊碑の前で手を合わせる松永さん(4月19日午後、豊島区東池袋で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210421-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)