読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宣言発令要請の小池都知事「ダラダラしない方法で」…大規模店に休業要請へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は21日夜、緊急事態宣言の発令を政府に要請した。

 緊急事態宣言の発令を政府に要請した東京都の小池百合子知事は21日夜、報道陣の取材に「できるだけ効果が高く、かつダラダラしない方法がいいのではないか」と述べ、短期間で集中的に新型コロナウイルス対策を行う必要性を強調した。

小池百合子・東京都知事
小池百合子・東京都知事

 関係者によると、都は緊急事態宣言の発令期間を、今月25日から、5月9日か11日までとすることを政府に求めている。期間中は、百貨店などの大規模な商業施設や遊興施設へ休業を要請する考えだ。営業時間の短縮要請を続けてきた飲食店については、酒類を提供する店は休業要請に切り替えることも検討しており、政府と調整を進めている。

 一方、都教育委員会は宣言期間中、都立学校での部活動の中止や分散登校の実施などを検討している。前回宣言時と同様の対策で、都教委担当者は「休校は生徒への影響が大きい。政府と協議しながら慎重に検討したい」としている。

無断転載・複製を禁じます
2001752 0 社会 2021/04/21 21:59:00 2021/04/22 07:46:51 2021/04/22 07:46:51 小池百合子・東京都知事。都庁で。2021年2月2日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210421-OYT1I50120-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)