医療従事者向けワクチン、想定上回るキャンセルで7人分廃棄

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知県は21日、医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチン優先接種の際、南国、宿毛両市で計7人分のワクチンが廃棄されたと発表した。廃棄は県内で初めて。

自宅療養のコロナ感染者、健康観察は高齢者・幼児らに限定…神奈川県が9日から運用

 県健康対策課によると、南国市2人分、宿毛市5人分で、いずれも18日に廃棄された。体調不良によるキャンセルなどがあり、会場にいた医療従事者のほか、県の福祉保健所職員を呼び出すなどして接種したが、計7人分が無駄になった。両会場とも、キャンセル待ちの接種希望者の名簿を用意していたが、想定を上回ったという。

 米ファイザー製のワクチンは、希釈後6時間以内でしか接種できない。

 県は、再発防止のためキャンセル待ちを増やすことや、会場スタッフへの接種などを市町村に呼びかける方針。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2003360 0 社会 2021/04/22 14:38:00 2021/04/22 14:38:00 2021/04/22 14:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)