読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

空自戦闘機2機が飛行訓練中に接触、部品が落下

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 22日午後3時5分頃、山口県北部の上空で、航空自衛隊築城ついき基地(福岡県)所属のF2戦闘機2機が飛行訓練中に接触した。1機の垂直尾翼にある電灯の部品(約400グラム)と放電用の部品(約5グラム)が脱落し、もう1機には接触痕が残った。2機は約1時間後に同基地に緊急着陸。パイロット2人と民間のカメラマンの計3人にけがはなかった。

 航空幕僚監部の発表によると、2機は編隊を組んで山口県沖の訓練空域に向かう途中で、1機の機体下側ともう1機の垂直尾翼が接触したという。部品は、山口県長門市と美祢市にまたがる山中に落下したとみられるが、見つかっていない。

無断転載・複製を禁じます
2004338 0 社会 2021/04/22 21:23:00 2021/04/22 22:39:27 2021/04/22 22:39:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)