読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】商店会の男性「祭りで1万円頂きまずいと思った」…菅原前経産相に新たな現金提供疑惑

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 有権者に香典などを渡した公職選挙法違反事件で不起訴(起訴猶予)となり、検察審査会に「起訴相当」と議決された前経済産業相の菅原一秀衆院議員(59)に新たな現金提供疑惑が浮上した。菅原氏には地域行事で数千円~1万円程度を配っていた疑いがあり、行事の主催者らは取材に「ありがたく受け取った」「まずいと思った」などと口々に証言。東京地検特捜部も地元の東京都練馬区に検事らを送り込み、捜査している。

■盆踊りはしご

菅原一秀前経産相
菅原一秀前経産相

 「車内で浴衣に着替えては、踊りに加わっていた」。後援会幹部の男性は、毎夏、選挙区内で開かれる盆踊りを「はしご」する菅原氏の精力的な姿をそう語る。

 ただ、手ぶらで参加していたわけではなかったようだ。菅原氏が2019年頃まで盆踊りなどに参加していたというある町内会の会長は「お菓子や飲み物しか出していないのに、いつも5000円や1万円を置いていった」と証言した。

 商店会の男性も「祭りで1万円を頂いた」と証言。「『会費』として受け取ったが、菅原さんはすぐに帰ってしまった。寄付にあたり、まずいと思った」と心境を吐露。例年の夏祭りで「菅原一秀」「会費」と書かれた現金入りの封筒を受け取ったという商店主男性は、「『いけないことだ』と思ったが、お釣りを渡すのは失礼ではないかと考え、できなかった」と気まずそうに話した。

 現金を置いていくのは菅原氏に限らないとの声もあった。区西部の商店街で代表者を務める男性は「夏祭りでは、菅原さんだけでなく、都議や区議でも5000円程度の会費を払い、あいさつだけで帰る人もいる。現金提供は選挙のためではなく、地域への愛着からだ」と持論を展開した。

■帳簿提出求める

 特捜部は東京第4検察審査会が2月に起訴相当の議決をしたことを受け、改めて刑事処分を行うために再捜査を始めた。関係者によると、特捜部は町内会や商店会、菅原氏と関係が深い団体の代表者らから事情を聞き、帳簿類の提出を求めるなどしているという。

 町内会の旅行に例年参加している男性は今月に入り、特捜部から連絡を受けた。訪れた検事には、19年の旅行時に菅原氏から「行けないけど、参加費です」として現金入りの封筒を渡されたことを説明し、菅原氏の名前や日付、参加費を記した出納帳を提出。取材に「お金は町内会の活動費に充て、ありがたかったが、特捜部が来るとは……」と困惑気味に話した。

残り:513文字/全文:1633文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2004967 0 社会 2021/04/23 05:00:00 2021/04/23 10:47:43 2021/04/23 10:47:43 秘書が選挙区内の有権者に香典を渡したことなどを認めた菅原一秀・前経産相。自民党本部で。2020年6月16日撮影。公職選挙法違反容疑で告発された菅原氏について、東京地検特捜部は、不起訴(起訴猶予)とした。2020年6月25日夕刊「菅原前経産相を起訴猶予 香典問題で東京地検」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210423-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)