読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大賞は「ワクチンの 保管に雇う 雪女」…妖怪川柳に6008句

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鳥取県の境港市観光協会は22日、漫画家の弘兼憲史さんと歌人の俵万智さんが特別審査員を務めた「第15回妖怪川柳コンテスト」の結果を発表した。一般の部で弘兼さんが選んだ大賞は、青森県八戸市の男性(64)(雅号・腹ペココーギー)の「アベノマスク 口裂け女が 駄目を出し」だった。俵さんは宇都宮市の男性(64)(同・テクノボー)の「ワクチンの 保管に雇う 雪女」を大賞に選んだ。

大賞作品を紹介する結城会長(中央)と鬼太郎やねこ娘の着ぐるみ(境港市で)
大賞作品を紹介する結城会長(中央)と鬼太郎やねこ娘の着ぐるみ(境港市で)

 妖怪の特徴と世相を絡めて句を詠んでもらう企画で、全国の6~95歳が6008句を寄せた。約6割が新型コロナウイルスに関連した内容で、句に登場する妖怪も疫病を封じるとされる「アマビエ」が最多だった。

 大賞作品について、弘兼さんは「確かにアベノマスクの大きさでは口裂け女の口は隠せませんね。はみ出した口にうろたえる口裂け女のユーモラスな情景が目に浮かびます」と講評。俵さんは「待望のワクチンですが、超低温で保管する必要があるとのこと。妖怪の特性を、前向きに活用しようというのがいいなと思いました」とコメントした。

 小・中学生の部も弘兼さんと俵さんがそれぞれ最優秀賞を選び、弘兼さんは米子市の少女(15)(同・凛)の「リモートの 背景きれい 雪女」、俵さんは沖縄県沖縄市の少女(13)(同・ゆずは)の「コロナ禍に みんなマスクで 『私きれい?』」に決めた。

 同協会の結城豊弘会長は「コロナ禍の中でも川柳でクスッと笑っていただきたい」と話している。他の入賞作品は同協会ホームページで紹介している。

無断転載・複製を禁じます
2005129 0 社会 2021/04/23 07:20:00 2021/04/23 09:58:31 2021/04/23 09:58:31 大賞作品を紹介する結城会長(中央)と鬼太郎やねこ娘のの着ぐるみ(境港市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210423-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)