読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

5月に日米仏、九州で離島防衛訓練…中国けん制の狙い

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上自衛隊は23日、日米仏による離島防衛訓練を5月11~17日に九州で実施すると発表した。仏軍が国内の演習場で実動訓練に参加するのは初めて。沖縄県尖閣諸島の防衛を念頭に、日米仏の共同作戦能力を向上させ、海洋進出の動きを強める中国をけん制する狙いがある。

 陸上幕僚監部によると、訓練は陸自の離島防衛専門部隊「水陸機動団」が置かれている相浦駐屯地(長崎県)や霧島演習場(宮崎・鹿児島県)などで行われる。陸自から約100人、米海兵隊と仏陸軍からは各約60人が参加予定。海自隊員も参加する方向で調整が進んでいる。

 訓練は仏軍練習艦隊ジャンヌ・ダルクの佐世保(長崎県)寄港に合わせて計画された。ニューカレドニアなど太平洋に自国領の島々を持つ仏は、東シナ海や南シナ海などで台頭する中国に警戒感を強めている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2007324 0 社会 2021/04/23 22:34:00 2021/04/23 22:34:00 2021/04/23 22:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)