大阪市職員、5人以上の会食200件1000人超…3月以降の時短要請中

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市の松井一郎市長は23日、市職員が3月1日から4月4日の間に5人以上での会食などを行っていたケースが200件以上確認されたと明らかにした。出席していた職員は1000人を超えるという。

国内のコロナ新規感染1万6593人…東京の1週間平均は23%増

 大阪市は3月1日、市内の飲食店に午後9時までの営業時間の短縮を求め、市民には「4人以下でのマスク会食」を呼びかけていた。

 しかし、福祉局の職員9人が3月26日夜に送別会を開き、うち2人が新型コロナウイルスに感染していたことが判明。その後、建設局などの職員の5人以上での会食と感染が相次いで分かり、市は全職員を対象に調査していた。

 松井市長は市役所で記者団に「市民に本当に申し訳ない。全ての職員に厳重に対処する」と述べた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2007796 0 社会 2021/04/24 07:49:00 2021/04/24 08:10:05 2021/04/24 08:10:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)