読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

緊急事態発令前、駆け込む人並み・行列…「本当は大型連休中に来ようと思っていた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4都府県への緊急事態宣言が25日から始まるのを前に、東京都内の店や施設では24日、急いで用を済ませる買い物客や、対応に追われる従業員の姿がみられた。宣言の具体的な内容が明らかになったのは前日夜で、「準備の時間がほしかった」との声も漏れた。

■母の日

緊急事態宣言が発令されるのを前に、開店前から百貨店に並ぶ人たち(24日午前、東京都中央区の「松屋銀座」で)=池谷美帆撮影
緊急事態宣言が発令されるのを前に、開店前から百貨店に並ぶ人たち(24日午前、東京都中央区の「松屋銀座」で)=池谷美帆撮影

 食品、化粧品売り場などを除いて休業する東京都中央区の「松屋銀座」。24日は午前10時半の開店前に約50人が列を作り、終日、買い物客でにぎわった。同店によると、1週間前に比べ、お客が1・5倍ほど増えたという。

 来月9日の「母の日」を前にギフトフェアを開催していたが、宣言期限は11日で、この日は事実上の最終日に。母(61)と連れだって来店した武蔵野市の会社員(34)はアクセサリーを購入し、「本当は大型連休中に来ようと思っていたが、宣言があるので急きょ前倒しした」と話した。

 同店の担当者は「母の日だけでなく、季節の変わり目で初夏の服が多く売れる時期。宣言で商機を逃してしまう」と残念がった。

■披露宴

開封済みの日本酒が劣化してしまうため、1杯150円で提供するセールを開催したバー(24日、東京都新宿区で)
開封済みの日本酒が劣化してしまうため、1杯150円で提供するセールを開催したバー(24日、東京都新宿区で)

 宣言に伴い、結婚式場や飲食店は酒類の提供を停止するよう求められている。

 八王子市の「八王子ホテルニューグランド」では24日朝から、結婚式場担当の従業員が酒類の仕入れをキャンセルし、ノンアルコールカクテルの新メニューの検討を始めた。

残り:750文字/全文:1619文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2008892 0 社会 2021/04/24 23:14:00 2021/04/24 23:14:00 2021/04/24 23:14:00 緊急事態宣言が発令されるのを前に、開店前から百貨店に並ぶ人たち(24日午前、東京都中央区の「松屋銀座」で)=池谷美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210424-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)