読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東京に隣接の3県、「まん延防止」対象地域を拡大…28日から

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都に隣接する神奈川、千葉、埼玉の3県は24日、まん延防止等重点措置の対象地域を拡大することを決めた。対象は3県で10市から、36市町になる。事業者への周知を図るため、28日から実施する。

 3県では5月11日までの間、対象地域の飲食店に、午後8時までの時短営業や終日の酒類提供停止を求める。県内全域の百貨店など大規模集客施設にも、入場制限を依頼する。

 神奈川県は、新たな対象に鎌倉など6市を追加する。既に適用されている横浜、川崎、相模原の3市と合わせ、対象は計9市となる。黒岩祐治知事は「感染拡大を防ぎ、皆さんの命を守るためだ」と理解を求めた。

 千葉県は、現行の市川、船橋、柏、浦安、松戸の5市に、千葉など7市を加えて計12市を対象とする。熊谷俊人知事は「大型連休中の人の移動を抑える短期集中的な対策だ」と述べた。

 さいたま市と川口市を対象としてきた埼玉県は、新たに13市町を追加する。さらに県内全域の飲食店にも、酒類提供の自粛を要請する。大野元裕知事は28日からの実施について、「大型連休前の最善のタイミングを計った」と説明した。

重点措置の追加対象地域

【神奈川】鎌倉市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市

【千葉】千葉市、野田市、我孫子市、流山市、習志野市、鎌ヶ谷市、八千代市

【埼玉】川越市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2008795 0 社会 2021/04/24 22:33:00 2021/04/24 23:18:20 2021/04/24 23:18:20 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210424-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)