読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

結婚披露宴2次会で「クラスター」24人、カラオケ関連の二次感染では29人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大分県と大分市は24日、男女76人(10歳代~80歳以上)が新型コロナウイルスに感染し、3日連続で最多を更新したと発表した。東京五輪の聖火リレー期間中の感染拡大を受け、県は「第3波の時の倍以上となった。危機感を持って対策をしてほしい」と求めた。

大分県庁
大分県庁

 発表によると、29人がカラオケ店関連で、大分市と佐伯市のカラオケ店で新たなクラスター(感染集団)が確認された。最初にクラスターが判明した大分市内のカラオケ店からの二次感染とみており、カラオケ関連の感染者は67人となった。

 県内で開かれた結婚披露宴の2次会でもクラスターが確認された。23日に14人、24日に10人が検査で陽性となった。日田市の「スナックKrystaL(クリスタル)」関連では、4人の客が陽性と判明した。

無断転載・複製を禁じます
2009444 0 社会 2021/04/25 10:15:00 2021/04/25 18:29:15 2021/04/25 18:29:15 大分県庁。大分県大分市で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210425-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)