読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

狩猟者研修中にクマ出現、猟銃持っていた猟友会員襲われる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日午後1時30分頃、福井県大野市上打波の山中で猟友会大野支部の70歳代男性がツキノワグマに襲われ、顔や頭をひっかかれた。男性は救急搬送されたが、命に別条はないという。

福井県庁
福井県庁

 大野市によると、当時、支部のメンバー約20人が狩猟者育成の研修を行っていた。襲われた男性は猟銃を持っていたが、横から突然クマが出てきた。クマは1頭だったが、大きさなどはわからないという。

 市には、冬眠明けのクマのものとみられる足跡の目撃情報が寄せられているといい、担当者は「鈴など音の鳴るものを身につけてほしい」と警戒を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
2010884 0 社会 2021/04/26 09:23:00 2021/04/26 12:05:53 2021/04/26 12:05:53 福井県庁。福井県福井市で。2020年11月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)