読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン接種者に1000円分の商品券、接種率向上に埼玉の自治体が配布へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県宮代町は、5月6日から始まる新型コロナウイルスワクチンの接種率向上と地域経済活性化のため、ワクチン接種者に1000円分の商品券を配布する。16歳以上の町民約3万人分の商品券代と印刷費計約3295万円を計上した補正予算案を、町議会が可決した。

米ファイザー社製のワクチン
米ファイザー社製のワクチン

 商品券事業は国の地方創生臨時交付金を活用。町商工会が発行し、個人経営店など約110店舗で利用できる地域商品券を、1回目の接種時に配布する。

 町は当初、1人2000円分を配布する計画だったが、3月の町議会で金額の妥当性などが問題視され、否決された。これを受け、町は商品券額を半額にした予算案を再提出。減額分は、高齢者通所施設職員のPCR検査費や飲食店以外の対面接客業者に対する補助金に充てた。

 ワクチン接種に関連する商品券事業としては、春日部市も65歳以上の市民約7万5000人に2000円分を配布することを決めた。市によると、接種会場までの交通費助成が目的だが、実際に接種したかどうかを問わない。一部の対象者には郵送を始めたという。

無断転載・複製を禁じます
2011774 0 社会 2021/04/26 13:13:00 2021/04/26 13:13:00 2021/04/26 13:13:00 北海道中央労災病院に到着した米ファイザー社製のワクチン(19日午前11時54分、北海道岩見沢市で)=佐々木紀明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)