読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高速道で20代運転の車がほぼ全焼、異音で停車後にボンネットから白煙

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

佐賀県警察本部
佐賀県警察本部

 25日午前7時半頃、佐賀県武雄市北方町大崎の長崎自動車道武雄北方―多久インターチェンジ(IC)間の上り線で、伊万里市の20歳代の男性が運転する乗用車から出火し、ほぼ全焼した。県警高速隊の発表では、男性と同乗者5人は逃げ出して無事だった。走行中に車から異音がして停車後、ボンネット付近から白煙が出ているのに気づき、その後に火が出たという。この影響で、同区間の上り線が約2時間にわたり通行止めとなった。

無断転載・複製を禁じます
2011847 0 社会 2021/04/26 13:55:00 2021/04/26 13:55:00 2021/04/26 13:55:00 佐賀県警察本部。佐賀県佐賀市で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)