読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

1回目の3日後、誤って2回目の接種…20日間空けるのが標準

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岐阜県各務原市は26日、新型コロナウイルスのワクチン接種を委託した医療機関が、市内の高齢者施設の入所者女性(86)に1回目の接種を行った3日後、誤って2回目の接種をしたと発表した。現時点で女性に副反応などの健康被害は確認されていないという。

病院に到着した米ファイザー社製のワクチン
病院に到着した米ファイザー社製のワクチン

 市によると、ワクチンは米ファイザー製で、1回目と2回目は間隔を20日間空けるのが標準となっているが、女性は今月21日と24日に接種を受けた。女性は24日、施設内で接種前の予診を受けた人の列に紛れ込み、本人確認などを十分に行わないまま接種したという。

 市は「本人確認を徹底するよう医療機関に周知したい」としている。

無断転載・複製を禁じます
2012957 0 社会 2021/04/26 21:51:00 2021/04/26 22:29:07 2021/04/26 22:29:07 北海道中央労災病院に到着した米ファイザー社製のワクチン(19日午前11時54分、北海道岩見沢市で)=佐々木紀明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)