読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サウナ持ち込みの市長「仕事に打ち込みたいという一心で設置」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 市役所に家庭用サウナを持ち込むなどの問題行動への批判を受けて、大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が26日、辞職の意向を表明した。市役所で開いた記者会見での主な一問一答は次の通り。

記者会見で質問に答える冨田市長(池田市で)=杉本昌大撮影
記者会見で質問に答える冨田市長(池田市で)=杉本昌大撮影

 ――辞職する理由は。

 サウナ問題で世間を騒がせ、市民に心配をかけてしまった。けじめと責任を取りたい。

 ――いつ辞職するのか。

 時期を明確に答えるのは難しいが、高齢者へのワクチン接種にめどが立ち、選挙で高齢者の安全が担保できた段階で辞職したい。

家庭用サウナが置いてあった市長室隣のスペース(昨年10月)(大阪府池田市で)
家庭用サウナが置いてあった市長室隣のスペース(昨年10月)(大阪府池田市で)

 ――辞職を決意したのはいつか。

 ぎりぎりまで取れる手段はやり尽くし、もうこの手段しかないと昨日(25日)夕方に決めた。

 ――本当に辞職するのか。

 多くの報道陣の前で(辞職を)約束しているので信用してもらえると思う。

 ――不信任決議案が可決されたらどうするのか。

 そのようなことがないように議会に期待しているが、池田の行政を刷新するための最善の策を取る。

 ――具体的には、議会を解散するのか。

 古いしがらみだらけの政治を変えなければならない。市議選と市長選のダブル選の可能性ももちろんある。

 ――(様々な問題があるが)わきが甘いのではないか。

 ご指摘の通りだ。サウナも『仕事に打ち込みたい』という一心で設置したものだが、世間的には娯楽としてみられる。心から反省している。

無断転載・複製を禁じます
2013659 0 社会 2021/04/27 07:24:00 2021/04/27 10:25:33 2021/04/27 10:25:33 記者の質問に答える池田市の冨田裕樹市長(左上)(26日午後2時29分、大阪府池田市で)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50095-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)