読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新宿駅の平日人出、前週の月曜日より32%減・昨年4月より57%増

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 緊急事態宣言が発令されて初の平日となった26日の4都府県の人出は、前週の月曜日と比べて減少したものの、昨年4月の1回目の宣言時よりも多かった。

マスク姿で通勤する会社員ら(26日午前、東京都新宿区で)=横山就平撮影
マスク姿で通勤する会社員ら(26日午前、東京都新宿区で)=横山就平撮影

 携帯電話の位置情報に基づくNTTドコモの「モバイル空間統計」によると、26日午後3時の人出は、感染拡大前(昨年1~2月)と比べて、東京・新宿駅で32%減、京都駅で33%減、大阪・梅田で52%減少した。前週の月曜日(19日)の人出と比べても12~23ポイント減っていた。しかし、1回目の宣言が発令された昨年4月の平日平均と比べると、新宿で57%増、京都で31%増、梅田で22%増となった。

 学校ではオンライン授業や分散登校が始まった。大阪市では市立小・中学校でオンライン学習を開始。子供たちは家庭で学習した後で登校し、給食を食べた。

 東京都の都立学校では、登校日や登校時間を学年などで変える分散登校を開始した。東京都目黒区にある都立の中高一貫校「桜修館中等教育学校」では、1~3年生と高校1年に当たる4年生のみを登校させ、5~6年生は自宅でのオンライン学習とした。

無断転載・複製を禁じます
2013019 0 社会 2021/04/26 22:06:00 2021/04/26 22:29:16 2021/04/26 22:29:16 マスク姿で通勤する会社員ら(26日午前8時11分、東京都新宿区で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)