読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高須克弥院長、河村たかし市長と「絶交」「正体わかり嫌になった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大村秀章愛知県知事のリコール(解職請求)運動を主導した美容外科医の高須克弥氏が26日、取材に応じ、運動に「応援団」として参加した河村たかし名古屋市長を「うそつき」などと批判し、「絶交する」と述べた。

高須克弥氏
高須克弥氏

 高須氏は署名活動団体の代表で、河村市長とともに街頭で署名を呼びかけるなどした。その後、大量の署名が偽造されていた疑いが浮上。河村市長側は市長選でのイメージダウンを恐れ、高須氏と距離を置いていた。

 運動の発案者について、高須氏は「間違いなく河村市長」と強調したうえで、「市長選を控えていたとはいえ、『自分ではない』などとうそを言うのは許せない」と述べた。また、「河村市長の正体がわかって嫌になった。民意も大体わかった。もう知事リコール運動はしない」とも語った。

 一方、河村市長は26日、高須氏にメールで「うそをついたとの認識はない。このような誤解があるのは不幸なこと。弁護士同席で一度お会いしたい」などと伝えたことを明らかにした。

無断転載・複製を禁じます
2013654 0 社会 2021/04/27 07:11:00 2021/04/27 17:17:38 2021/04/27 17:17:38 記者会見する高須克弥氏(顔P用)(12月10日午前11時51分、県庁で)=隅谷真撮影高須克弥氏 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210427-OYT1I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)