読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

池袋暴走、飯塚被告「何か大きな物にぶつかった」…改めて無罪主張「私の認知機能に問題ない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走して母子2人が死亡、通行人ら9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)の公判が27日、東京地裁であり、被告人質問が始まった。飯塚被告は「被害の大きさを聞いて心苦しく、つらい思いをしている」と述べた一方、「アクセルを踏んでいないのに車が加速した」と改めて無罪を主張した。

被告人質問で弁護側の質問に答える飯塚幸三被告(左)(イラスト・構成 秋山史朗)
被告人質問で弁護側の質問に答える飯塚幸三被告(左)(イラスト・構成 秋山史朗)

 公判では、飯塚被告が事故現場の手前でアクセルとブレーキを踏み間違えたかどうかが争点になっている。

 車いすで出廷した被告は、弁護側の質問に「ブレーキを踏みながら左折したところ、加速が始まった」と説明。その後もブレーキが利かずに加速が続き、パニックに陥ったとし、亡くなった松永真菜さん(当時31歳)と長女の莉子りこちゃん(同3歳)をはねた際の心境を「何か大きな物にぶつかってしまった」と振り返った。

 検察側は「記憶違いではないか」と繰り返し尋ねたが、被告は「アクセルを踏んだ記憶は一切ない。私の認知機能に問題はない」と断言した。

 弁護側と検察側の質問はこの日で終了。6月21日の次回公判で、真菜さんの夫の拓也さん(34)ら遺族による質問が行われる。

 拓也さんは閉廷後の記者会見で、次回公判について「2人に『やれることはやった』と言えるよう、しっかり準備したい」と語った。事故から丸2年となった19日に現場の慰霊碑を訪れた時のことにも触れ、「献花台に多くの花が手向けられていた。心から感謝している」と涙声を絞り出した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2015585 0 社会 2021/04/27 20:57:00 2021/04/27 21:54:04 2021/04/27 21:54:04 被告人質問で弁護側の質問に答える飯塚幸三被告(左)(イラスト・構成 秋山史朗) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210427-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)