読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「まん延防止」対象区域の市長、陽性判明で「深くおわび」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県所沢市は27日、藤本正人市長(59)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。26日に38度の発熱があり、市民医療センターでPCR検査と抗原検査を受けた結果、陽性と判明した。藤本市長は入院しているが、電話で指示を出せる状態であることから、市は当面、職務代理者を置かない方針。

 発表によると、19日と22日にも発熱などがあり、検査を受けたが、いずれも陰性だったという。その後に公務で接触があった職員13人も27日にPCR検査を受けている。

 藤本市長は「まん延防止等重点措置の対象区域となっているなかで、直接、公務に従事できず、深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

無断転載・複製を禁じます
2017201 0 社会 2021/04/28 13:16:00 2021/04/28 13:16:00 2021/04/28 13:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)