読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「撮り鉄」トラブルで中学生に大けが、19歳少年を逮捕…「倒そうとしたわけではない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 列車の撮影を巡りトラブルになった中学生に大けがをさせたとして、埼玉県警川口署は27日、住所不詳の会社員の少年(19)を傷害などの容疑で逮捕した。

埼玉県警察本部
埼玉県警察本部

 発表によると、少年は25日午後5時20分頃、埼玉県川口市のJR西川口駅のホームで、県内の男子中学生を投げ倒し、頭蓋骨骨折の大けがを負わせるなどした疑い。「倒そうとしたわけではない」と供述し、傷害容疑は否認している。

 同署幹部によると、当時、同駅を通過する鉄道ファン注目の臨時快速列車を撮影しようと、鉄道写真の撮影を趣味とする「撮り鉄」10人ほどがホームにいたという。少年は別の人と撮影場所を巡ってトラブルになり、その様子をスマートフォンのカメラで撮影していた中学生に暴力を振るったという。

 少年はその場から逃走し、同署が行方を追っていた。

無断転載・複製を禁じます
2016804 0 社会 2021/04/28 11:08:00 2021/04/28 11:33:53 2021/04/28 11:33:53 埼玉県警察本部。さいたま市浦和区で。2020年11月30日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210428-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)