読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

競艇選手215人、コロナ給付金計2億1500万円を不適切受給

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 200人超の競艇選手が国の持続化給付金を不適切に受給していた問題で、日本モーターボート競走会と選手会は28日、不適切な受給は215人で計約2億1500万円にのぼるとの調査結果を発表した。このうち67人を1か月~4か月の出場停止とし、148人を戒告の処分とした。

 両会によると、215人は昨年5月1日~今年2月15日、新型コロナウイルスの影響で収入が減った個人事業主らに支給される持続化給付金を申請し、多くの選手が上限の100万円を受給した。

 コロナによる収入減を申請理由に挙げた選手も多かったが、競艇へのコロナの影響は限定的で、両会は全ての受給を不適切だと判断。特に、フライングによる出場停止での減収などを理由に申請した67人を出場停止とした。215人全員が受給額を返還する手続きをしたという。

無断転載・複製を禁じます
2019098 0 社会 2021/04/29 01:44:00 2021/04/29 01:44:00 2021/04/29 01:44:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)