読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】「再生エネ融資」で4億円詐取か、東京地検特捜部が業者捜索

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 再生可能エネルギー事業への融資名目で金融機関から約4億円をだまし取った疑いが強まったとして、東京地検特捜部が27~28日、太陽光発電関連会社「テクノシステム」(横浜市、生田尚之社長)や関係先を詐欺容疑で捜索した。特捜部は融資金が事業以外に流用された疑いがあるとみて、押収した資料の分析を進める。

テクノシステムの本社から押収した資料を運び出す東京地検特捜部のワゴン車(28日未明、横浜市西区で)
テクノシステムの本社から押収した資料を運び出す東京地検特捜部のワゴン車(28日未明、横浜市西区で)

 関係者によると、同社は昨年、木材や家畜のふんを燃やすなどして発電する「バイオマス発電事業」への融資の名目で、静岡県内の信用金庫に虚偽の書類を提出し、約4億円を詐取した疑いがもたれている。この金の一部は、別の借入金の返済に充てられた疑いもあるという。

 特捜部の捜索は27日に始まり、日をまたいで行われた。横浜市西区の横浜ランドマークタワーに入る本社や、東京支店が入居する東京都千代田区のビルでは、27日夜から28日未明にかけ、係官が押収資料を詰めた段ボールをワゴン車に乗せ、運び出していた。

 民間信用調査会社によると、テクノシステムは2009年12月設立。本社のほか、全国に9支店を置き、太陽光発電やバイオマス発電といった再生可能エネルギーに関連する事業のほか、不動産開発事業や飲食業などを展開している。19年11月期の売上高は約161億円。

 同社側は、インターネット金融大手「SBIホールディングス(HD)」傘下の金融仲介会社「SBIソーシャルレンディング(SL)」がネットを通じて投資家から集めた資金の融資を受けていた。

 SBISLは2月、「貸付先の事業運営に重大な懸念事項が生じている可能性がある」と発表。28日には弁護士などによる第三者委員会の調査報告書を公表し、テクノシステムを匿名とした上で、同社側への融資について「『情実融資』とも評価できる」などと問題点を指摘した。

無断転載・複製を禁じます
2019232 0 社会 2021/04/29 05:00:00 2021/04/29 05:37:06 2021/04/29 05:37:06 捜索を終え、テクノシステムのオフィスがあるビルを後にする車両(横浜市西区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210428-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)