読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高校生に感染急拡大、名古屋で15校…会話・部活・カラオケ要因か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名古屋市役所
名古屋市役所

 21日からの1週間で、名古屋市内の少なくとも15の高校で生徒の新型コロナウイルス感染が確認されたことが、市関係者への取材でわかった。愛知県内の感染者は、約7割が変異したウイルスに置き換わっているとみられており、これまで感染しにくいとされていた若年層に感染が広がっている実態が浮き彫りとなった。

 関係者によると、第3波までは、高校生以下の感染が比較的少なかったが、変異ウイルスが増えた第4波に入って以降、若年層の感染が増えた。同居家族などへの感染も判明しているという。今回明らかになった市内15高校では、生徒同士の会話や部活、放課後や休日のカラオケなどで感染が広がったとみられるという。

 今月23日に最初の感染者が確認された市立工業高校では、27日までに複数の学級で生徒計16人が感染し、5月11日まで臨時休校となった。市や県によると、28日時点で市内の8高校が、休校や学級閉鎖の措置をとっているという。

 国の「まん延防止等重点措置」適用により、県教育委員会は県内全域の中高生らに対し、生徒同士の会食や、カラオケなどの自粛を求めた。市は「大型連休を前に、若くても感染リスクが高いことを強く認識してほしい」と呼びかけている。

新規感染323人 名古屋は137人

 県内では28日、323人の新型コロナウイルス感染と3人の死亡が確認された。1日の感染者が300人を上回るのは24日以来。県は、名古屋市の高齢者施設をクラスター(感染集団)に認定したと発表した。

 新規感染者の居住地別内訳は、名古屋市137人、豊橋市17人、岡崎市16人、春日井市11人、一宮、半田市各10人、豊田市9人、日進市8人、稲沢、大府市各6人、瀬戸、小牧、あま、安城市、大治町各5人、豊明、清須、愛西、碧南、刈谷、西尾、豊川市各4人、犬山、北名古屋、弥富、東海、蒲郡市、蟹江、阿久比町、岐阜県各3人、岩倉、常滑、知多、高浜市各2人、尾張旭、長久手、江南、津島、知立市、扶桑、武豊、東栄町各1人。

 クラスター関連では、名古屋市の職場と高齢者施設、大府市の医療機関で各1人の感染が判明した。

医師や看護師 名市大が派遣 名古屋の高齢者接種に

 名古屋市立大(名古屋市瑞穂区)は28日、市が市内16区で予定している高齢者向け新型コロナウイルスワクチンの集団接種を円滑に行うため、医学部付属の市立大学病院と東部、西部両医療センターから、接種会場に医師や看護師を派遣すると発表した。

 3病院から派遣するのは、医師延べ95人、看護師延べ111人で、接種や予診、予診補助、副反応発生時の対応などに従事する。

 派遣期間は5月12日~6月30日の毎週水、木、土、日曜(5月は水、日曜のみ)。7月以降も同様に派遣協力を行う予定という。

無断転載・複製を禁じます
2019807 0 社会 2021/04/29 14:13:00 2021/04/29 17:16:10 2021/04/29 17:16:10 名古屋市役所 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210429-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)