読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内で新たに5914人感染…大阪府は死者・重症者ともに過去最多

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内の新型コロナウイルスの感染者は29日、47都道府県と空港検疫で新たに5914人確認された。死者は78人で、大阪府では1日当たりの死者数として過去最多となる44人の死亡が判明した。国内の重症者は前日より2人少ない951人だった。

 東京都では新たに1027人の感染者が確認された。1日当たりの感染者は、1月28日(1065人)以来、約3か月ぶりに1000人を超え、29日連続で前週の同じ曜日を上回った。

 都によると、年代別では、20歳代が最多の282人、次いで30歳代の197人など、全体の約6割を40歳未満が占めている。直近1週間の平均新規感染者数は782・1人で、前週(684・1人)から14・3%増えた。重症者は前日から5人増の58人だった。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 この日は、50~90歳代の男女9人の死亡が判明し、50歳代女性と60歳代女性から変異ウイルスが検出された。都内の変異ウイルス感染者の死亡はこれで計4人になった。

 大阪府の新規感染者は1172人だった。死亡した44人は、年代別で80歳代の18人が最も多く、基礎疾患のない50歳代男性も1人含まれていた。重症者も390人で過去最多となった。兵庫県では534人の感染が判明した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2020434 0 社会 2021/04/29 21:24:00 2021/04/30 02:45:14 2021/04/30 02:45:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210430-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)