読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アクリル板に空気清浄機「万全の防止策取っていたが」…スナックで変異型感染21人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

変異した新型コロナのクラスターが発生したとみられる「スナック レイ」。経営者は閉店を決めた(19日、日立市で)
変異した新型コロナのクラスターが発生したとみられる「スナック レイ」。経営者は閉店を決めた(19日、日立市で)

 茨城県内で変異した新型コロナウイルスの感染が拡大している。日立市の飲食店「スナック レイ」では、変異型に21人が感染し、クラスター(感染集団)が発生したとみられる。経営者の男性(52)は「万全の感染防止策を取っていたが、感染力の強さに勝てなかった」と語る。

 男性によると、客には店の入り口で検温と手の消毒を求めていた。店内に空気清浄機を置き、テーブル席にはアクリル板を設置。カウンターにもシートの仕切りを設けていた。

 従業員は全員、フェースシールドとマスクを着用して接客した。木製のマドラーを使い、1人1本の使い捨てを徹底していた。

 それでも感染は広がった。男性はカラオケによる飛沫ひまつが原因とみている。経営する他の店では、カラオケを撤去したという。新型コロナが完全に収束するまで使用しないつもりだ。

「従業員がうつした」風評に客足遠のき、閉店決意

 県によると、「スナック レイ」での集団感染では29日現在、感染源は判明していない。ただ、男性は「従業員がうつしたという情報が根拠なく広まってしまった」と憤る。客が戻ってくることはないと考え、20年以上続けてきた店は閉店を決めた。

 男性によると、3月に店を訪れた客が4月1日、自身の新型コロナ感染を従業員に連絡。翌2日には店の関係者ら約40人がPCR検査を受け、従業員の感染が相次いでわかったという。

 市内では4月1日時点で、200人を超える新型コロナ陽性者が判明していた。地域ですでに、感染が広がっていた可能性もある。

 「僕の所から(クラスターが)出たのは間違いない。だけど、その前に感染の発端がある」。男性はそう考え、「それをはっきりさせてほしい」と保健所に訴えた。感染源は不明だと伝えられたという。

 店に関連した変異型陽性者は、従業員と客だけで21人。家族の感染も確認されている。一方で、客の中には東京へ行き来していた人もいる。客の職場でも、変異型の陽性者が確認されている。こうしたことから、県は感染源を特定することは難しいとしている。

無断転載・複製を禁じます
2021050 0 社会 2021/04/30 06:56:00 2021/04/30 14:42:10 2021/04/30 14:42:10 変異型コロナのクラスターが発生したとされる「スナック レイ」。経営者は閉店を決めた(4月19日午前11時53分、日立市大みか町で)=中瀬邦雄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210430-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)