読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】住所は「倒壊マンション」・職業「ニート」・電話番号に卑わい語呂合わせ…税務署資料

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県の岡崎税務署(岡崎市)が今年1月、確定申告の無料相談に協力する税理士向けに行った研修会で配布した資料に不適切な表記があり、名古屋国税局が資料を作成した男性職員の処分を検討していることがわかった。

 関係者によると、研修会は1月中旬、同税務署で複数回に分けて開催され、税理士数十人が参加。男性職員が説明資料として配布した確定申告書の見本には、住所欄に「倒壊マンション」、職業欄には「ニート」、税金の還付先として「破産銀行倒産支店」などと表記されていた。また、電話番号欄には、語呂合わせで卑わいな言葉に読み取れる数字が記入されていた。

国税庁
国税庁

 参加者からの苦情で、資料が差し替えられ、この男性職員も担当から外されたという。名古屋国税局は「職員が不適切な資料を作成したことは遺憾。厳正に対処する。出席された方を不快にさせ、深くおび申し上げる」としている。

無断転載・複製を禁じます
2021183 0 社会 2021/04/30 05:00:00 2021/05/01 09:30:46 2021/05/01 09:30:46 国税庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210430-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)