読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワインに続け、山梨の日本酒もブランド化へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県産の清酒(日本酒)が4月28日、地域ブランドを国が保護する「地理的表示(GI)保護制度」に指定された。県内で採れた水を使用するなどの条件を満たせば、「山梨」の産地名を独占的に名乗ることが可能となる。県内では2013年にワインが指定を受けており、同一の都道府県で二つの酒類が指定されるのは全国で初めて。清酒の指定は全国で9例目。

 「山梨」と表記するには、原材料の水を南アルプス山麓、富士北麓、八ヶ岳山麓など県内6水系から採取することを条件とした。3等級以上の国産米の使用や、アルコール添加は10%以下に制限することも基準に定め、山梨の日本酒の品質向上やブランド化を推し進めるのが狙いだ。

山梨県庁
山梨県庁

 今後、県酒造協同組合による審査会での認定を経て、「山梨」を冠した日本酒が販売される。同28日に甲府市内で開かれた記者会見で、同組合の北原兵庫理事長は「ようやくスタートラインに立てた。品質を高めていきたい」と意欲を語った。長崎知事も「素晴らしい地域資源と技術力が評価され、酒の聖地として国に理解された。水環境の保全などにも力を入れたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2029085 0 社会 2021/05/04 07:30:00 2021/05/04 07:30:00 2021/05/04 07:30:00 山梨県庁。山梨県甲府市で。2020年11月27日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210504-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)