読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

暴風雪・洪水警報も…立て続けに31回配信ミス、市長「予期せぬこと起きた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮城県気仙沼市は30日、大雨特別警報など13種類の気象情報をエリアメールやSNSで市民らに誤配信したと発表した。

 市によると、29日午後8時31分頃、大雪や洪水、暴風雪の警報などが発令されたとする内容が立て続けに計31回、エリアメールやツイッター、LINEなどで市の防災情報の登録者に配信された。市危機管理課の担当者が誤りに気づき、午後9時18分にメールなどで誤報と伝えた。

気仙沼市から誤配信された大雨特別警報などの気象情報
気仙沼市から誤配信された大雨特別警報などの気象情報

 気象情報は登録者に自動配信で届く仕組み。この日の夕方、気象庁から気仙沼地域に発令された暴風警報が配信されず、市がシステムを管理する業者に確認と復旧を依頼していた。その際の作業ミスの可能性を含め市が原因を調べている。

 菅原茂市長は30日の定例記者会見で、「予期せぬことが起き、おわび申し上げたい。信頼されるシステムの構築に努めたい」と陳謝した。

無断転載・複製を禁じます
2026228 0 社会 2021/05/02 14:40:00 2021/05/02 14:40:00 2021/05/02 14:40:00 気仙沼市の公式LINEから届いた誤情報。計33通が送られた=宇田和幸撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210501-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)