読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

散歩中の女性、路上で寝込む男性から「水が飲みたい」と言われ…警官来るまで見守る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 道路上に寝込んでいた70歳代男性を保護し、交通事故の被害を未然に防いだとして茂木署は、栃木県市貝町の女性(70)に感謝状を贈呈した。

栃木県警察本部
栃木県警察本部

 女性は4月5日午前5時半頃、散歩していた自宅近くの町道で横たわっていた男性を発見。男性が住所などを言えなかったため、110番し、警察官が到着するまでの約50分間、男性に付き添った。男性は宇都宮市在住で、前日の午後3時頃、「散歩に行ってくる」と言って出かけた後、戻らなかったため、家人が同6時頃、別の署に捜索願を出していた。

 川上俊之署長は「家を出て14時間以上。保護されなかったら、交通事故など命の危険性が十分あった」と話した。女性は「心配で声をかけた。『水が飲みたい』と言われたが、水を持ってくる間が心配で、警察官が来るまで男性を見守った」と振り返った。

無断転載・複製を禁じます
2026067 0 社会 2021/05/02 10:52:00 2021/05/02 17:44:23 2021/05/02 17:44:23 栃木県警察本部。栃木県宇都宮市で。2020年11月24日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)