読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

球場で座席詰めて座った男、「社会的距離」確保で再三注意され…警備員突き飛ばす

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球の試合を観戦中、新型コロナウイルス対策で間隔を空けて座るよう注意した警備員に暴行を加えたとして、愛知県警東署は29日、津市久居藤ヶ丘町、会社員の男(29)を暴行容疑で現行犯逮捕した。

愛知県警
愛知県警

 発表によると、男は29日午後3時20分頃、中日―阪神戦が行われていた名古屋市東区のバンテリンドームナゴヤ内の通路で、警備員の男性(21)の胸を突き飛ばすなどした疑い。男性にけがはなかった。

 ドーム内では観客にソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保を求めている。友人らと来場した男は座席を詰めて座り、警備員が再三注意したが、聞き入れなかったという。

無断転載・複製を禁じます
2026235 0 社会 2021/05/02 14:54:00 2021/05/02 16:05:36 2021/05/02 16:05:36 愛知県警。名古屋市中区で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)