読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「処方の睡眠薬が効かない」院長の下あごや胸をカッターで切りつけ、重傷負わす

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県警戸部署は1日、横浜市南区、無職の男(71)を傷害容疑で現行犯逮捕した。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 発表によると、男は同日午前9時20分頃、同市西区戸部本町の「戸部医院」で院長の男性(75)の下あごや胸など4か所を持っていたカッターナイフで切りつけ、全治1か月の重傷を負わせた疑い。調べに対し「処方された睡眠薬が効かなかったからやった」と話しているという。

 同署は殺人未遂の疑いも視野に調べている。

無断転載・複製を禁じます
2025962 0 社会 2021/05/02 09:57:00 2021/05/02 09:57:00 2021/05/02 09:57:00 神奈川県警察本部 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)