読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

風圧で家がグワングワン、バリバリと音も…突風で自宅被害の女性「涙も出ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 

 静岡県牧之原市で1日にあった突風では、30~60歳代の男女3人が割れたガラスで軽傷を負ったほか、住宅など66棟の建物被害が出た。静岡地方気象台は午後6時50分頃の突風について、「竜巻の可能性が高いと判断した」と発表した。

窓ガラスが割れるなど大きな被害を受けた住宅(2日午前、静岡県牧之原市で)
窓ガラスが割れるなど大きな被害を受けた住宅(2日午前、静岡県牧之原市で)

 同市によると、2日午後5時時点で確認できた建物被害は、全壊が倉庫や車庫、物置の3棟。窓ガラスが割れたり屋根が吹き飛んだりした一部損壊が63棟。被害は調査中で、今後増える可能性もある。

突風で横転したトラック(2日午前、静岡県牧之原市で)
突風で横転したトラック(2日午前、静岡県牧之原市で)

 また、トラックを含む車5台が横転、農業用施設12棟が壊れた。電柱も倒壊し、中部電力パワーグリッドによると、同市を中心に一時、約3000戸が停電した。

突風で倒壊した電柱(2日午前、静岡県牧之原市で)
突風で倒壊した電柱(2日午前、静岡県牧之原市で)

 同気象台は、活発な積乱雲の通過がみられ、建物被害が西から東に直線上に点在していることなどから、竜巻の可能性が高いと判断したという。

 自宅が大きな被害を受けた無職女性(75)は、「留守にしていて今朝帰ってきた。あまりにショックで涙も出ない。亡くなった夫との思い出もたくさんあるのにもう住めない……」と肩を落とした。近くの自営業女性(60)は「雨風のすごい音がしていた。バリバリという音も聞こえて、今思うと家が壊れた音だったんだろう。風圧で家がぐわんぐわんと揺れたような感じもした」と振り返った。

 静岡県内は1日、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で大気の状態が非常に不安定となり、夕方から深夜にかけて竜巻注意情報が出されていた。

無断転載・複製を禁じます
2026122 0 社会 2021/05/02 11:39:00 2021/05/03 02:34:48 2021/05/03 02:34:48 竜巻で倒れたとみられる電柱(5月2日午前8時42分、牧之原市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)