読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アパート階段崩落で住人転落死、施工業者など捜索…業務上過失致死容疑

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都八王子市のアパートで先月、外階段が崩落して住人女性(58)が転落死した事故で、警視庁は2日、アパートを施工した「則武のりたけ地所」(相模原市)や当時の社長宅など計7か所を業務上過失致死容疑で捜索した。階段を支える踊り場の木材が腐食し、法令に反して防腐処理が施されていなかったことから、警視庁が施工の状況を調べる。

則武地所の当時の社長宅へ捜索に入る警視庁の捜査員ら(2日午前、相模原市で)
則武地所の当時の社長宅へ捜索に入る警視庁の捜査員ら(2日午前、相模原市で)

 捜査関係者によると、ほかに捜索を受けたのは、アパートを設計した横浜市の建築事務所など。

 階段と踊り場は金具で結ばれていたが、踊り場の木材が腐食して接続部がもろくなっていた。木材には建築基準法施行令で定められている防腐処理がされておらず、腐食が進んでいた。横浜市の建築事務所は取材に「踊り場は鉄製で設計した」と答えており、警視庁は、木材が使われた経緯についても調べる。

 則武地所は相模原市や神奈川県厚木市などでも施工実績があった。厚木市では同社が施工した16棟のうち1棟で外階段に腐食の疑いが確認されたという。

無断転載・複製を禁じます
2026410 0 社会 2021/05/02 18:22:00 2021/05/02 18:47:46 2021/05/02 18:47:46 アパートを施工した建設会社の当時の社長宅へ捜索に入る警視庁の捜査員(5月2日午前8時、相模原市中央区で)=藤原聖大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)