読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国の調査船、EEZ内で海中にワイヤ様のものを延ばす…正午頃に出域

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2日午前9時35分頃、沖縄県・波照間はてるま島の南約189キロの排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船「海洋地質十二号」がワイヤのようなものを海中に延ばしているのを第11管区海上保安本部(那覇市)の巡視船が発見した。同意のない調査活動とみて、同海保が中止を求めた。調査船は同日正午頃にEEZを出た。

 中国の海洋調査船が沖縄県周辺のEEZ内で確認されるのは、2019年7月以来。

 日本政府は2日、海洋調査船の活動について、外交ルートを通じて中国政府に抗議した。

無断転載・複製を禁じます
2026602 0 社会 2021/05/02 20:22:00 2021/05/02 20:22:00 2021/05/02 20:22:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)