聖火リレー「密集しないように」プラカードで呼びかけた市職員3人コロナ感染

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島県霧島市は1日、東京五輪の聖火リレーで沿道の観客の整理を担当していた同市職員3人が、新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。

国内のコロナ新規感染1万4238人…東京の1週間平均は前週から26%増

 同市では4月27日に聖火リレーを実施。3人はいずれも、沿道で観客が密集しないよう呼びかけるプラカードを持つ業務に当たっていた。リレー当日から同29日までの間に発症したという。3人はマスクを着用しており、同市は「沿道の市民らに濃厚接触者は確認されていない」としている。

 奄美市でも、同27日の聖火リレーで交通整理などを担当していた職員3人の感染が明らかになっている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2029445 0 社会 2021/05/04 13:27:00 2021/05/04 21:35:17 2021/05/04 21:35:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)