読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】電柱新設の用途や場所、初の実態調査へ…無電柱化推進でも年7万本増加

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国土交通省は、全国での電柱の新設状況を調べる実態調査に初めて乗り出す。国は、電線を地中に埋める無電柱化を進めているが、電柱はそれを上回るペースで立てられ、年間7万本ずつ増えている。新設の理由や用途などを把握して抑制を図る狙いで、無電柱化の促進につなげたい考えだ。

国土交通省
国土交通省

 国交省によると、全国の電柱は約3600万本にのぼる。国は1980年代半ばから、景観の改善や災害時の倒壊防止、バリアフリー促進につながるとして、無電柱化を進め、約1万1000キロ・メートルを整備してきた。現在は、無電柱化推進法に基づき、2025年度までの推進計画を策定中で、この中に実態調査の実施と約4000キロの新たな整備目標を盛り込み、5月中に計画を決定する。

 実態調査では、電力各社に対し、新設する電柱の用途や設置理由、場所などについて報告を求める。計画決定後から実施し、今年度末までに新設規制の可否や抑制策を検討する。

 無電柱化は近年、年間600キロのペースで進み、電柱換算で年1万5000本分にのぼると推計される。

 一方で、電柱は、災害時に緊急車両が通行する「緊急輸送道路」など一部でしか設置が規制されておらず、無電柱化分を差し引いても年間7万本増えている。住宅や工場の建設、再生可能エネルギーの送電網整備などが理由とみられるが、国は新設本数や設置理由、場所を把握していない。

 当初から電線を地中化する場合も含め、1キロ当たりの無電柱化の費用は約5億3000万円で、国・自治体が3分の2、電力会社や通信会社が3分の1を負担する。電力会社の負担は、電柱設置費の約1500万円と比べて約10倍となり、電柱が減らない要因とされる。

無断転載・複製を禁じます
2027300 0 社会 2021/05/03 05:00:00 2021/05/03 05:04:39 2021/05/03 05:04:39 国土交通省、観光庁、海上保安庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月1日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)