読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン「キャンセル待ち」制度開始…早ければ2時間程度で接種依頼も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県戸田市は1日から、新型コロナウイルスのワクチン接種で予約のキャンセル待ちを希望する市民が登録できる制度を始めた。「もったいないバンク」と銘打ち、体調不良などで急なキャンセルが出ても迅速な案内につなげ、ワクチンを廃棄することがないようにする狙いだ。

埼玉県庁
埼玉県庁

 対象はワクチン接種券が届いた市民で、登録は市のホームページや市役所などに配布予定の申込書から行う。市は接種会場の医療機関からキャンセルの連絡を受け次第、バンク登録者に電話で連絡し、接種可能な場所や時間を伝える。急なキャンセルの場合、登録者は早ければ連絡から約2時間程度で接種を依頼される可能性もあるという。登録者にとっても、予定よりも早く接種できるという利点もあり、市の担当者は「ワクチンのロスを出さないためにも多くの方に登録してほしい」と呼びかけている。

 同市では85歳以上の高齢者らを対象に接種が始まっているが、キャンセル分は医療従事者に回すなどしており、廃棄したケースはないという。

無断転載・複製を禁じます
2027899 0 社会 2021/05/03 14:38:00 2021/05/03 14:38:00 2021/05/03 14:38:00 埼玉県庁。さいたま市浦和区で。2020年11月30日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210503-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)